📅  2021-11-07

イーノの環境音楽

🔖  Music

環境音楽系、礼賛


 昨日(21年11月6日)の片山杜秀の『クラシックの迷宮』(NHK FM)は、「おしつけがましくない音楽」と題して、バロックから環境音楽までを広く取り上げる番組でした。その後半、ほとんどメインキャラ的に扱われていたのがブライアン・イーノでした。

 久々に聴きましたが、イーノの環境音楽はやっぱりいいですね。アンビエントのシリーズ(「エアポートのための音楽」はその1作目ですね)もいいですが、今回は最後のほうで流れた、パッヘルベルのカノンを用いた曲がとくに印象的でした。

 YouTubeにもとりあえずありましたので、貼っておきましょう。

https://youtu.be/DNz_jQ8tkAI

 余談ですが、近所の小学校の休み時間終了のチャイムが、昔のようなキンコンカンコンではなくなって、時間ごとに多彩な音楽を流すようになりました。近代的な感じがします。そのうちの1つがパッヘルベルのカノンっぽいやつだったりします。というか、メロディは乗せていないのですが、コード進行がまさにそれ。児童たちはどういうふうに受け止めているんでしょうね。

タグ

)